東京プラント株式会社 サイトマップ EnglishEnglish

会社情報

会社概要

1948年 創業期
創業以来、創業者の田中清史の卓越した技術力を駆使し、本邦初の土質試験機(東京大学研究室の学生のバックアップによる)の製造を開始。
更に、工業技術院と共同開発した、定速式摩擦試験機(現在でもJIS-D4411として、JISの規格の原型となっている)を製造及び販売を開始。
1950年代 ビジネススタート
NS無段変速機を開発。本品を装備した燃料噴射ポンプテスター等を製造。関連商品として、クランプ型油面計、インデックスハンドル等の開発販売を開始。
文部省の提唱による工業高校の産業振興策により、タナカ式水動力計、渦電流式電気動力計を組み合わせた内燃機関実験装置等を、幅広いエンドユーザーに多数納入。
1960年代 事業拡大
昭和44年に 東京発明展にて、東京都 知事賞を取得、また、昭和47年には、還流水による直接制御法の水動力計を開発し、褒章の条例により、内閣総理大臣(田中角栄氏)より、紫綬褒章を頂戴した。
高速型水動力計、ポータブル型水動力計、渦電流式電気動力計等を次々と開発。優秀なる製品を世に送り出し、多くの特許、実用新案取得。特に、タナカ式水動力計は、国内のみならず、海外市場でも高い評価を受け、納入累計台数は1300台を突破した。
1970年代 製品ラインナップの拡大
動力計関連製品である、シャシーダイナモメータ、可搬式エンジンテストベンチ及び、ソフトウェアを用いた自動計測、自動制御装置を開発し、多数のエンジン、モータ変速機、ベルトチェーン等のメーカーの生産ライン、試験研究部門等に納入。
1980年代 2代目体制
代表取締役 田中清史が健康上の理由で退任。
取締役営業部長 田中清風が代表取締役に就任。
本社を、武蔵野市境南町4丁目16番9号エクセルハイツへ移転。
1990年代 新しい自社工場・社屋
東京都昭島市宮沢町515-5に、本社工場を設立。
2000年代 3代目体制 ビジネスの拡大、海外展開
2009年1月 代表取締役 田中清風が健康上の理由で退任。取締役会長職に就任。
取締役 田中清弘が、三代目代表取締役に就任。
国内30社以上、海外11か国との業務提携によって事業を拡大。
積極的に海外へ事業を展開。現在、11カ国の企業と業務提携
(販社、代理店、アライアンス)
国内においても、30社以上との業務提携によって、継続して事業を拡大。
ハイエンドなテスティングツールの販売をスタート。
2009年8月 株式会社TYK社とDPF性能評価試験事業において、業務提携。
2010年4月 事業の多角化により、商社事業部を設立。独立採算制の事業部制へ移行。
2011年1月 フランスD2T社と代理店契約を締結(日本、タイ、マレーシアなど)
オートメ―ションシステムMORPHEEをはじめとする、D2T社製品の販売をスタート。
2013年5月 経済産業省にパワートレーンエンジニアリングに関する事業計画が認められ、
『平成24年度 先端設備投資促進事業費補助金』を採択
(中小企業ではトップクラスの受給金額)
2013年12月 商社事業部の各事業を分割し、各社へ事業譲渡、及び売却。
2014年5月 子会社設立。会社名D2T JAPAN株式会社。(フランスD2T社との合弁会社)
オートメーションシステム、シミュレーションツール、ACダイナモメータ等の本格販売をスタート。
2015年4月 東京都知事より、東京都経営革新の計画の承認を頂く。
2016年2月 オーストリアtectos社と業務提携テストベッド用のドライブシャフトの販売をスタート。
2016年6月 ドイツFEV社が提携先D2T社を買収したことにより、子会社D2T JAPANを閉鎖。
2016年9月 F.E.T.パワークラフト社とエンジン受託試験事業において、業務提携。
2017年6月 FEV JAPAN社と代理店契約を締結。